ブログトップ

flavor sugar+

kaori8s.exblog.jp

桜の塩漬け

実家の小さな庭にはところ狭しと色んな植物が植わっています。
中でも一番立派な八重桜。毎年大量の花を咲かせてくれています。
花が散り始めると、母は毎日バケツ一杯もの花びらを掃除することに。もったいない。
少しでも生かしたいと、塩漬けを思いつきました。お祝いの席に出てくる桜湯、あれです。
調べてみると、品種は特に関係なく八重桜であればいいみたい。ウチの桜が食べれるとは。
早速母と綿密な連絡をとり、花の丁度良い開き具合に合わせて実家へ。

今年も見事。色もいつもより濃い感じ。
塩漬け作りは色が濃いほうがキレイに出来るそうです。
e0159856_1054279.jpg

気合を入れて...




多分やる人はいないと思いますが。
一応レシピをメモ(笑)





材料

・八重桜の花 200g(7分咲きくらいがベスト)
・塩 50g
・りんご酢 150g

・瓶詰め用の塩 適量

①花はよく洗い小一時間、分量外の塩水に浸しておく。このとき虫がいれば出てくる(汗)
e0159856_12453575.jpg

②キレイな水に替え、数輪づつ水中でよく振り洗いししっかり水を切る。これがかなりの難関ですが、保存期間も長いので、丁寧に。
③ジップロックに、塩→花→塩→花→塩...と、少しずつそっと重ねていく。花が軽くて塩が重いので、振ると塩が下に落ち、余計に桜と馴染まなくなるので注意。
e0159856_12421861.jpg

④そのままそっと雑誌などで上から押さえて空気を抜く。まだふんわりで大丈夫。
⑤桜から水が出てきてしんなりしたら、さらに空気を抜く。そのまま雑誌を載せて、2日間塩漬け。
e0159856_12424828.jpg

⑥2日経ったら水を捨て、クッキングペーパーを袋の中に入れて上から押さえる。水気が切れたらお酢を入れ、冷蔵庫で1週間。色が鮮やかに変わります。
e0159856_1243241.jpg

⑦1週間後、お酢を切り(空き瓶に取っておけば色々使えます)クッキングペーパーで水分を良く取り、網の上へ広げて2日間陰干し。風通しのよい室内がいいかも。
e0159856_12461737.jpg

⑧半生くらいに乾いたら、塩をたっぷりとまぶして保存用の瓶に詰める。冷蔵庫で保存。
保存期間:1年くらいは持つそうですが、手作りなので早目に戴きます。




かわいらしく 出来上がりました。色もとても鮮やか。 
e0159856_12371788.jpg

小さなジャムの空き瓶3つ。
あれだけの桜がこんなにコンパクトになりました(笑)




発見したことは、⑥の時点でお漬物としてとても美味しいということ。
サクサクと歯ざわりが楽しくて、香りも素晴らしい。おにぎりに入れても最高でした!

塀によじ登り(汗)桜を収穫。1輪1輪虫がいないか確認するまでが大変です。
それから後は放置できるので、最後に塩をまぶす時に気を使うくらいかな。でもかなり手間がかかります。
ご自宅に八重桜があると言う方は試しに1度くらいやってみてもいいかも(笑)


よーし、さくらあんぱん焼くぞ。
[PR]
by kaori8s | 2009-05-22 13:08 | オイシイ
<< メール フルーツ酢 >>